やぁやぁ夏がやってきた!−空席のWIRED JAPANに新編集長が就任!

僕が大好きなクリス・アンダーソンの日本語版を編集した人が今度のWIRED JAPANの編集長に就任だなんて素敵すぎる!

DIGITAL LOVE & PEACEな未来へ:編集長・松島倫明から読者の皆さんへのメッセージ

クリス・アンダーソンテイストのWIREDが大好きだし、そのむかしNTT傘下で出版されていたWIRED JAPAN

若林さん、嫌いじゃないし学びも与えてくれるけどあんま好かんかった。内容もなんかWIREDらしさから少し違うところに行っていってるというか、網羅性が少し失われて行ってて、そんなに欲してないんだけどってところにフォーカスがあたって行ってそこに固執してる感じもあったものな。

むかしのWIRED JAPAN、ホリエモンの会社が下請けして作ったHOT WIRED JAPAN LOUNGEっていうオンラインコミュニティ、っていうかBBSがあったんだけど、シンガポールに渡ってまだ数年の僕はそこにハマってて、そこで出会ったひとたちはいまでも親友たち。

一度HOT WIRED JAPAN LOUNGEのオフ会が東京で開かれたんだけど、その際は当時の編集長江坂健さんが差し入れをくださったのは本当うれしくて、大したことじゃないのかもしれないけど、僕としてはエポックメイキングな事象だったんだよね。

その後廃刊となって、NTT傘下での契約が切れてだいぶ経って本家USから舶来した「コンデナスト・ジャパン」社がWIRED JAPANを復刊させるのね。でも前のことは頑なに無かったことにされてて、「創刊」なんて唄っててほんと白けちゃってたんだよね。僕なんかはそれでも新しいWIREDをまた購読始めるんだけど、それで戻ってこなかった人も多いんじゃないかなって思う。

現行のWIRED JAPANは昨年末に長年編集長を務めてこられた若林恵さんが癇癪を起こして辞職になった結果、廃刊なのか休刊になっちゃったわけなんだけど、もうネットだけで雑誌媒体としては終わっちゃったのかなーって嘆いていたんだけど、やっぱ夏っていいね。この6月1日にこの発表。しかも僕らにとってはこれ以上無い人物の抜擢じゃないですか!

もちろん、別のテイストのWIREDが好きな人も沢山いると思うんだけど、何にしろクリス・アンダーソン時代のWIRED好きにとって、このクリス・アンダーソンに最も近い日本人が新生WIRED JAPANの編集長をされるなんて最高じゃないですか。

で、雑誌はまた出るのかな?