JR東日本運営カフェ@シンガポール

JR東日本がシンガポールで運営している「Japan Rail Cafe」をご存知だろうか。

同施設は、同社がインバウンド戦略の一環として2016年12月、タンジョンパガーというエリアに開いたもので、毎月日本各地を特集した展示、イベントなどを開催している。

タンジョンパガーは、旧来マレー鉄道の終着駅のあったところで、現在最終駅はマレーシアに近いウッドランズという場所に後退していて、古い駅舎が残るのみだが、JR東日本がこの場所にカフェを開いたのは、歴史的な鉄道駅のあった場所として親和性が高い。

また、2017年12月からシンガポールとマレーシアの首都クアラルンプールを結ぶ高速鉄道の建設工事についての入札が始まっていて、JR東日本などの日本企業連合の今年いっぱい続く攻勢に、このカフェが陰ながら力を発揮するのか気にかかる。

2018年1月、このカフェでの特集は、TOYAMA WEST。富山県西部の6市町村の市長がシンガポールを訪れ、このカフェでトップセールスを行った。

定期的に日本縦断取材旅をする、シンガポールでの日本旅行専門フリーペーパー「GoJAPAN」を主催するGeorge Limを以前南砺市長につなぎ、南砺でお世話になったこともあり、今回シンガポールでも南砺市長とGeorgeの再会をアレンジした。

トップセールス後の会食は、制約などもあってか、各首長と現地法人を持つ日系旅行代理店がメンバーというものだったが、そこに現地系旅行代理店をたばねるGeorgeに同席してもらうことができたのは、TOYAMA WESTにとっても良いことだったのではないかと思う。

富山県出身者として今後も応援して行きたい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*