2017/09/18分のマインドフラッド

朝、自分自身の起動ボタンを押すのがとにかくつらい。

水を飲み、コーヒーを飲み、デーツを一粒食べ、コンサータを1錠飲めば、1時間もすればエンジンがかかってくるのはわかっているけど、そこまでたどり着くことがとても大変。朝のコーヒーなどを自動化できないものだろうか。目覚めたらベッドサイドですでに揃った状態となっているよう仕掛けられないものかどうか。

思えばバックトゥザ・フューチャーに出てきたピタゴラスイッチ的な仕掛けは確かコーヒーも自動で入れてくれていたっけ。

—————

朝覚醒のためにコーヒーの代わりに一緒枕元にカフェインの錠剤を?

カフェインの錠剤は怖いな。

朝寝ながら読書か?

コンサータ錠剤x1、カフェイン錠剤x1、デーツx1粒、水x1杯。

枕元に並んでいるの想像したらなんかヤバイ感じ

—————

ライブパフォーマンスにおける投げ銭ビットコイン

QRコードを脇にかざして演奏→観客はスマホ内のウォレットを使って投げ銭。

→曲のどの時点で送金されたか盛り上がりのモニタリングも→SoundCloudとの連携も

→応用:ライブ中にVALUの買い注文を→VALUアプリにはそれ実装。

—————

Valuの登場で開かれた大地の向こうにみえてきた新たな地平線を展望すると、Valuと連関しながらもオルタナ的試行を見るための第2、第3Valuも求められるし、VaがBitcoinの様にとまではいわないけれど、単独のプラットフォームに依存しないユニバーサルな(金銭的意味以外でも言える)財として存在されなければならないと思う。

その様な動きをValu参加者からみせれば、Valuは寛容でいられるのだろうか、厳しい措置を取って来るのだろうか。

—————

家族愛は家族のメンバー分だけ複数を対象にすることが社会的に認められるのに対し、性愛においては単数に対してしか社会的に認められないのはなぜだろう。

それは生物学区的には必然性はなく、長い生命史・人類史・文明史の中で変化してきたいまの社会が必要であるとしているからであろう。

でなければ矛盾を説明することができない。

—————

夜だけつぶやくボット

—————

売っていないキッカケは値段がつかないもの。だからキッカケをくれた人に値段がつくものでお返しをすることは無理。

お返しは逆のキッカケでしか返せない。

ただしキッカケの結果は必ず同じ量になるわけではないし、塞翁が馬を考えると逆に振れたと考えられる場合もある。

—————

マレーシア人に麺打ちを教えてマレーシアで美味しいうどん展開

(今回来たうちの一人が大変なうどん好きだった)→マレーシアで新しいうどん開発

—————

3Dプリンタでピアス作り

—————

自動運転時代の「トロッコ問題」

道路に子供が飛び出してきたとき、AIにより自律走行する車両が乗客と歩行者のどちらかの命を優先せざるを得ないとき、どう判断させるのか。

世界各国で文化的影響って法制化はモザイク模様になるかもしれない。

表向きではすでに歩行者優先が当たり前となっている国では、乗客の命を進んで投げ出すことを是とするかもしれないし、歩行者優先が根付いていない地域では、飛び出してきたものが悪いという判断でスピードを一切落とすことなく礫死体を再生産しつづけるかもしれない。

そして裏側では納税額や保険の有無、はたまた優性性や要人なのか一般人なのか、という判断まで働くかもしれない。

—————

自動運転時代の「事故現認」

・まず人間が運転することを禁止する国がでる。

・禁止はしないがライセンスがとても取りにくいものになる国がでる。

・事故現認は現在のテニスにおける「チャレンジ」や相撲の「物言い」に見られるようなカメラや様々なセンサーを使ったAIによる瞬時の判断が降りるようになる。

・保険金は事故当日中に処理される。

—————

いま米ドルが流通している米国以外の国で米ドルに変える形でBitcoin決済を推し進めていけばいいのかな。

—————

VAのブロックチェーンを使った分散型暗号証券化

—————

各々自分が生きている所が世界の中心。

地方とか方言とか「なに都会もんが奢ってるのか」と思うし、終いにゃ「ふるさと創生」なんて、神の御技かね。

そこにもとから人が住んできた地域があるわけで、古事記の「国産み」みたいに矛でかき混ぜて島作るわけでもなかろうに。それに「ふるさと」は遠くにいる人が勝手に思うもんだろうが。世界の中心に住んでるそれぞれには知ったこっちゃねえっての。

遠くから「ふるさと創生したら!」ってば迷惑なもんだわ。

…んでもっていま「地方創生」だもんね。さらに言葉を軽視することにになってないかい?

—————

自分の手を離れて自動化成長するところまではキックスタートしないとな。

—————

淡路島ではカフェのスプーンやバーのマドラーは矛型に「国作り」カフェ/バー

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*